心理カウンセラー、古村勇介の無料メルマガ登録で特典進呈
 心理学・脳科学を使った恋愛マニュアル メルマガ登録
メールアドレス: 
名前: 

2011年01月12日

キスは麻薬!キスと脳内ホルモンの関係

GIGAZINEに興味深い記事が紹介されていました。

男性はより積極的にキスをする傾向があり、恋人にテストステロンを口移ししているようなものだということです。1度や2度のキスで恋人の体内に渡されるテストステロンは微々たる物ですが、交際中何度もキスをすることでそれらは恋人の体の中により長くとどまり、恋に落ちるのを早める作用があるそうです。


133688.jpg

キスによって男は女に脳内ホルモンのテストステロンを送り込み、恋に陥らせる。

やっぱりキスは麻薬のようなものなのです。

脳内ホルモンと恋愛、セックスの関係はこちらを参考にしてください。

女性を虜にする究極のキスの仕方、テクニックはこちらが参考になります。
posted by komura at 09:10| Comment(1) | TrackBack(0) | キスのテクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

緊急事態wwwww
http://3sbodnc.kxyasx.info/
あらゆる股間で大洪水wwwwwwこれはヤバいwwwwwwwwwwww
Posted by 欲求不満カイケツwww at 2011年03月20日 08:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/180264673

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。